2020年04月19日

なんちゃってマスク工場

マスク。
頑張って手に入れるより、作った方が楽なので、
作ってみました。
ヘタクソですが、無いよりマシなのです。

手ぬぐいマスク.jpg


3月に作った、初めての手作りマスクです。
一本の手拭いから、2つ出来ました。
ノーズワイヤーを入れたり、ガーゼで内ポケットを作ったりと、
凝りすぎて、疲れてしまいました。

材料は全部、家にあったものです。


手作りマスク 綿ジャージー.jpg


息子にもと思い、最初はメンズサイズで作ったのですが、
やはり大きいということで、
レディースサイズで大量生産を試みました。
大量生産に耐えられるよう、型紙に段ボールを貼って
補強してあります。

生地は、綿ジャージーといって、Tシャツに使われている生地
というと、わかりやすいと思います。
この生地が、ワンピースを作れるくらいたくさんあり
(作るつもりで買ったので)、
糸も、同じ色のニット用を、ずっと前に買ってあったのです。

手拭い製も綿ジャージー製も、肌触りがフワフワです。

大量生産をして分かったのですが(といっても7つ)、
たくさんを一気に作ろうとすると、仕事が雑になりますね。
そもそも器用な方ではないのですから、
丁寧にやればいいのに、たくさんあるからいいや、という、
謎理論が働きました。

うち2つを、近所の方にお分けしたのですが、
とても良い方たちなので、すこぶる喜んでくださいました。
有り難いことです。

それで。
また魅力的なマスク型紙を見つけてしまったので、
ちょっと作りたくなっています。

型紙は、SMILEWORKS25さんからダウンロードさせていただきました。

posted by おユキさん at 10:00| タナカ工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

ゼンタングルに挑戦してみた。

「最近、こんなのやってるのよ」と、教えてくれた人がいます。
よよよ、と思って、レクチャーしていただきました。
その名もゼンタングル。
ランダムに図形を仕切って、その中に模様を描いて絵を完成させていくのだそう。

早速調べてみると、ゼンタングルとは、Zen(禅)+Tangle(絡まる)の、
造語なのだとか。
名前の通り、ココロの調整にも効果があるんですって。

まずは、やってみるべ。処女作です↓。

ゼンタングル No.1.jpg


感想は、途中で自分が何をやっているか、わからなくなっていきました。
禅の感覚って、こんななのかしら。

出来上がりの楽しみよりも、作業そのものの楽しみが好きな人には、
向いているかと思います。
私も、「作業」が楽しい人です。

私に教えてくれた人は、「色を使うとボケる」と仰っていたのですが、
そう言われるとやりたくなる、ということで、
4色ボールペンの緑を使って「何か」を描き込んでみました。

詳しくは、「ゼンタングル」で調べてみてください。
本も出ています。


posted by おユキさん at 09:04| タナカ工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

毛糸の帽子

少し寒くなりましたね。
明日からは、また暖かいそうですが、雨とのこと。
嬉しいやら憂鬱やら、落ち着きません。

さてコチラ。

2016直線帽子.jpg


寒さが戻ったといっても、こんな帽子が要るほどではありません。
が。
2月ごろ、やっぱり作ろう、と思って作り始め、
一度途中までほどいて編みなおし、3月の最後の寒波には間に合いました。

アイロンをかけていないので、あまりキレイに見えませんが、
機能はしっかり果たしています。

年末年始、何か手先を使う作業をしたくてたまらなくなり、
そのまま月日が流れていたのですが、
作らずに済ませてはいけない、という、わけのわからない危機感に苛まれたのです。
それで、すぐに出来上がるもの、ということで、帽子。
しかも、編み目増減なしという単純さ。

まっすぐな帽子、手芸好きの方ならおわかりでしょうが、
被ると、角がネコ耳のようになります。
ちょっと恥ずかしいので、畳んでボタンか何かで固定して、
アスリートっぽくしてしまおうかとも、考えています。
次に被るまで、春・夏・秋、と、3シーズンも猶予がありますから、
のんびり考えます。

それと、栞(しおり)も作ってみました。
ブックオフのサイトで見つけた、簡単しおりです。

あれこれと何冊かの本を跨ぐことが増えたので、
栞もたくさんあればいいな、と思って作ってみました。
失策でした。

1冊にひとつではなく、何箇所も栞を挟んでおきたかったので、
これでは本の角が分厚くなってしまいます。
シンプルに短冊状に切って、挟む方法が、私に合っています。

でも、久しぶりに折り紙を出して、何とはなく折る、
というのも、良いものです。


最近、写真ばっかり載せていますが、
写真ブログにするつもりはありません。
念のため。







ラベル:帽子 手編み
posted by おユキさん at 23:42| タナカ工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

心理カウンセリングDearの、看板が復活しました

昨年8月の台風で飛ばされて以来、約半年にわたって不在だった看板を、
やっと復活させました。
言い訳を書きますと、すぐに新しいものを掛けたとして、
まもなく例年通りの台風シーズンがやってくるじゃないですか。
もう大丈夫だろう、という時期を待っていたら年末を迎え、
今に至ってしまったというわけです。
どこか不自然に端折ってますか?まぁまぁ、お気になさらず^^

今回は、製作過程を公開します。
まずは写真をご覧下さい。

Dear 看板製作中.jpg


書きたい文字をパソコンで大きく印刷し、切ったり貼ったりしてバランスを整えます。
半透明のプラスチック板を選んだのは、透けて下書きが不要になるからです。
また、構造がダンボールのようになっているのですが、
万が一、階下に落ちても、軽いので人やモノに被害が少ないと考えたからです。
固定用の穴も開けやすいです。

塗料はアクリル絵の具です。
水に溶け、乾くとシールのように固まります。
写真にカッターナイフが写っているのは、はみ出したところを削るためです。

Dear看板 2015.jpg


”Dear”の部分はフリーハンドです。
作業が面倒くさいということと、一応屋号なので。
ナントカ書体というわけでなく、画材と筆の相性に任せたら、
このようになりました。
仕上げは、クリア色のアクリルスプレーです。
塗料の定着と補強のため、全体に塗布します。

今回は見難いのですが、最初の言い訳で書いたように、
飛ばされるのが怖いので、ベランダの柵の内側に固定しました。
気持ちに余裕が出来たら、また、表からも見やすいように掛け直します。


とりあえず、やれやれ。です。

カッティングシートで作ると、看板らしくなるのですが、
アルファベットの小文字が、とてつもなく面倒くさいというのが難点です。





posted by おユキさん at 19:44| タナカ工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

なんちゃって料理教室

アスパラ肉巻フライinフライパン.jpg


かねてから約束していたんですが、
先日やっと、なんちゃって料理教室をしました。

ご依頼の方は、とても味付けのセンスが良いのに、苦手意識からか
これまで殆ど料理をされていなくて、もったいないことです。

せっかくやる気になったのに、また嫌になられては甲斐がないので
見栄え良く、失敗が少なくてかつ、比較的珍しいものを考えて作ることにしました。

一回りほど年下の彼女だったんですが、
なんだか娘が出来たようで楽しかったですわーい(嬉しい顔)

それと、他所のキッチンを使わせてもらう機会って、なかなかなくて
カルチャーショックも受けました!

近年の便利グッズ、例えば土鍋でご飯を炊くと言っていたので
「はじめチョロチョロ中パッパ、赤子泣いても蓋取るな」なんて想像をしていたのですが
なんと【強火で15分】\(◎o◎)/!
欲しくなりました^^;

また、揚げ物をした時、魚焼きグリルに置く、なんて知恵も教えて貰い、
さっそくやってみたくなりました。
一方的に「教える」というより、「楽しむ」を軸にするのがタナカ流です(^_^)v

写真は、次はどんなメニューにしようかと考えついでの
魚焼きグリルに置きたいメニューとして、切らずのアスパラ肉巻きフライです。

教えることを前提に作ると、また違った視点で考えなくてはいけないのも、
新鮮でいいですね^^

料理はタナカ工房の一環ですが、
事務所(カウンセリングルーム)でやるのは断念しました。
調理器具を置いたら、物だらけになって片付かないからです。
posted by おユキさん at 12:25| タナカ工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 心理カウンセリング