2021年01月24日

「うつ」は頑張らないと治りません。【4】

「うつ」は、頑張らないと治りません。M.jpg


プライドが邪魔して「うつ」。

休んだり、弱音を吐いたり、助けを求めることを、
極端に嫌う方が、少なからずいます。
私には、嫌うというより、恐れているように見えます。

自分が、または世間が、休んだり弱音を吐いたり、
助けを求める人間はダメな人間だと批判する、という価値観です。

自分はそんなダメな人間とは違う、という思いと、
言動を一致させようとする、立派な人かもしれません。

確かに、休んでばかり、弱音ばかり、助けてと言ってばかりでは、
よく思われないことが多いでしょう。

しかし、ダメと思う、思われるのは、「いつも〜ばかり」という、
その頻度と場面にあるのではないでしょうか。

完璧な人などいません。
ひとつやふたつ、弱いところがあったとしても、
その人のすべてが弱かったり悪いなどと、否定されるべきではありません。

〇〇は良いこと、〇〇は悪いこと、と、
あらゆることを仕分けしておくと、判断に悩むことが少なくなるので、
脳は負担を感じにくいのだそうです。

「良い」「悪い」の他に、「どちらでもない」の引き出しを
新しく作るのは、かなり難しいことです。
「どちらでもない」と「どうでもよい」は、全く違うことなので、注意が必要です。

これまで足りていた(足りていると思っていた)引き出しを、新たに作るというのは、
かなり面倒で大変で、頑張らないとできないことです。
posted by おユキさん at 15:41| 「うつ」は頑張らないと治りません。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 心理カウンセリング