2021年01月05日

2021 あけましておめでとうございます

地を這う赤い実2.JPG


旧年中は、大変お世話になりました
本年もよろしくお願いいたします

---------------
ご挨拶が遅れ、申し訳ありません。
正月に行きたい神社がありまして、撮影するなら晴天が良い、
と、お天気のご機嫌を伺っていたら、遅くなってしましました。

和爾良神社正面.JPG


和爾良神社(-かにらじんじゃ-と読むそうです。)。
地図で知っていたのですが、地図からはどこから入れば良いのかわからず、
しかも、面談室からちょっと歩くなー、迷子になったら、もっと歩くなー、と、
躊躇していたのです。
もっと鬱蒼とした神社かと想像していたので、
思っていたよりサッパリしているな、と、拍子抜けしました。

由緒.JPG


由緒です。面倒くさい方は飛ばしてください。
以下、原文ママ。

【古くからの語り伝えによると、この地に居を構えていた
武内宿禰(たけのうちのすくね)の子孫が、
安土・桃山時代の文禄二年癸己(一五九二年十月六日)に創建したとされている。
当時この地は、秀吉の海外出兵等の際の交通の要所として栄えており、
宿禰の子孫は平和(安全)を願って社を建て、御神(仁)に武内宿禰を祭った。
創建時、記念として境内に植えられた栃の木が、幹周り三mほどの大木に成長し
近隣の人々より、「学問・長生き・五穀豊穣・繁栄にご利益がある」と親しまれ、
明治の始めまで「原の天神様」と呼ばれていた。
大木は伊勢湾台風で倒れ、平成始めまで廃木として残っていたが、いつしか姿を消した。

御神(仁)(祭られている神様)
武内宿禰 誉田別命
木花開耶姫命
五仁吉師(山ノ神)…字薮下より移す
大山祇神(山ノ神)…字交換より移す
富士浅間社 秋葉山…西原交差点西北より移す】

平成の出来事が「いつしか消えていた!?」
まぁ、それはさておき、
「学問」という字に、心臓がひっくり返ってしまいました。
年末年始、とあることをずっと考えていたからです。
お導きでしょうかねぇ。

狛犬二対.JPG


なんと!狛犬が二対。
手前と奥におわします。
子も玉もありませんでした。

和爾良神社 祠.JPG


奥に進むと小さな祠が。

和爾良神社 祠2.JPG


上の写真の左側に写っているもの。
こちらの方が写真映えします。

さて、神社を出て左。

猪子石原中央公園2.JPG


野球をしている方がいますが、これはなんでしょう?

猪子石原中央公園1.JPG


写真奥には、遊具がある公園が。色々突っ込みたくなる感じです。
変わったところですねぇ。

猪子石原中央公園看板.JPG


この、グラウンドのようなところに、
河川の氾濫を防ぐため、水を貯めるのだそうです。
どうりでダムっぽい。
有事の際にはお世話になります、たぶん。

さて、バス通りに出て帰りましょ。

壁葉.JPG


他所ん家の壁です。この季節らしからぬ美しい緑に、
目を奪われました。

地を這う赤い実1.JPG


バス通り沿いの内科医院前。
分かりにくいと思いますが、赤い実が地を這っているのです。
赤い実、大好きなのです。

冒頭の写真も、この実です。


「山口街道」。
この辺りをウロウロしていたら、山口街道という表示を発見しました。
調べてみたら、藤が丘から大曽根まで。
機会があれば、少しずつ歩いてみようかしらん。

某mamekichi先生とは比べないでくださいね、かないませんから(笑)。
posted by おユキさん at 13:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 心理カウンセリング