2017年09月05日

中国語講座を観て衝撃を受ける

最初に断っておきますが、中国語の勉強はしていません。

先日、NHKの番組を観た後、そのままチャンネルを変えずに点けっぱなしにしていたんです。
家の中をウロウロしていて、ふとテレビを観たら、中国語講座がやっていました。

『要不要〜』〜しませんか?
この部分だけ覚えているのですが、中国語スゲェ、と思ってしまったのです。
説明のところは見ていなかったのですが、たぶんこの抜粋と解釈で間違いないです。

最初に要か不要か聞いちゃう。
「はい、か、いいえ、で答えてくださいね。今から私とご飯を食べにいきます。」
こんな感じです。
こう問われた時の答え方までは観ていなかったのですが、
これだけで衝撃を受けてしまいました。

日本語だと「〜しない?」って聞きますね。
「一緒にご飯食べに行かない?」
”?マーク”がないと、否定していることをわざわざ言うな、という話です。
でも語尾が上がってるから、どうするか聞かれてるのかな?と。
よくわからない言語ですね。

中国語では、この問いへの最も重要な答えは「要」か「不要」です、
そう断りを入れてから、本題に入る、そう思えました。

親切で誤解が生じ難い、うーん。勉強になるなー。

もう一度断っておきますが、中国語の勉強は、露ほどもしていません。
従って、ここに書かれている中国語についての信憑性は、できるだけ疑ってください(笑)。

ラベル:中国語講座 文法
posted by おユキさん at 19:34| ニュース・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 心理カウンセリング