2020年07月07日

病気と血液型

九州豪雨の被害に遭われた、遭われている方々には、
衷心よりお見舞い申し上げます。
こちら愛知県でも、瀬戸市や犬山市には、
昨日から大雨警報が出ているのですが、
近い割にはまったく実感が持てません。

とても怖い思いをされているのだろう、と、お察しいたします。


さて。
新型コロナウイルスに罹っても、
重症化する人しない人など、
色々と言われているのを見て、
ふと思い出したのがコチラ「小さな悪魔の背中の窪み」。

【中古】 小さな悪魔の背中の窪み 血液型・病気・恋愛の真実 / 竹内 久美子 / 新潮社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】 - もったいない本舗 楽天市場店
【中古】 小さな悪魔の背中の窪み 血液型・病気・恋愛の真実 / 竹内 久美子 / 新潮社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】 - もったいない本舗 楽天市場店

もう25年くらい前に出版されたもので、DNAなど
遠くで囁かれ始めたくらいの頃だったかと思います。

さてこの本の、病気と血液型という章(うろ覚え)で、
結核・梅毒・コレラ・ペストなどの病気が流行した地域と、
その土地に多い(生き残った)血液型と感染経路などを示しています。
そこで、やはり血液型と性格には関係があるのではないか、
という結論(?)に至っています。
(ちなみに、
血液型と性格の関係は、心理学でも否定されています。)

当時、極論だから面白い(信憑性に欠ける)と評する人もいましたが、
読み物としては面白く、頷けることも多かったように思います。

不謹慎かもしれませんが、
新型コロナウイルスの感染者も、血液型分布が出たら
見応えがあるような気がします。


長く雨が続いています。そろそろ、お日さまが拝みたいですね。
posted by おユキさん at 22:08| ニュース・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 心理カウンセリング