2019年07月31日

久々の保冷剤枕 とか。

ここ数年、高熱を出しても、
冷やしたいと思うことが少なかったのですが、
今回は、熱が高くないにも関わらず、久々に冷やしたいな、
という感じでした。

久しぶりのヒエピタは、ちょっと痒くなりました。
首の後ろも冷やしたかったので、氷枕ならぬ、
保冷剤枕を使いました。

ゴム製の、立派な氷枕もあるのですが、
家族の世話に使う分には良いものの、
自分の世話には向きません。

この保冷剤枕は、
かなり前になりますが、知人が蟹を送ってくれた時に、
一緒に入っていた保冷剤が、まぁ、大きいこと。
指で測った感じですが、18×12cmくらい。
これが2個、入っていたのです。

当時は高熱をよく出していたので、
利用しない手はないな、と、使い始めました。

アイス○ンという類似商品もあるかと思いますが、
冷凍庫の中での控えめさが段違いなんです。

2つ以上あると、フラフラでも、寝ぼけていても、
失敗なく交換できます。

いやね、保冷剤を使う前は、
大きなゴム製の枕に、氷と水を入れて使っていたなぁ、
氷が溶けると氷を足して、そうしているうちに
水ばかりが増えて・・・
なんてことを、熱でフラフラしながらやっていたことを
思い出したのです。


思い出した繋がりで、麦茶です。
我が家では、ずっと、今でも、麦茶は煮出して作っています。
水出し麦茶とかいう、便利なものもあるのに、です。
沸かした方が、麦茶っぽい香りが強い気がするのです。

先日、うっかり麦茶を沸かすのを忘れていて、
「う〜熱い麦茶しかないよー。」と唸っていたら、
息子が、
「昔さ、洗面所で冷ましてたよね。」と言う。

「そうでした。」

うちの子にも、小中学生だった時がありまして、
水筒にお茶を持たせていた時期もあったのです。

夜のうちに、予測不可能な、お茶の大量消費があった朝など、
朝、慌てて沸かして、洗面所に水を張り、氷も入れて
冷ましていました。

台所は、朝ごはんとお弁当を作るので使いますから。

忘れていたけど、こんな経緯やこんな工夫をして、
ドタバタと、やり過ごしていたことがあったなぁ。


長くなりましたが、
誰かの、何かのお役に立てれば幸いです。
posted by おユキさん at 23:06| 衣・食・住・健康など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 心理カウンセリング