2018年05月18日

人を気長に見守り、褒め続けるコツ

たまには、カウンセラーらしいことも書かねばね、と思いまして。

人を気長に見守り、褒め続ける、というのは、
やってみた事がある方には、非常に難しいということが、
痛いほどお分かりになると思います。

特に、「気長に見守る」つまり、”待つ”ということなのですが、
ついつい、先を急いでしまいます。
もっと、もっと、という欲もあると思いますし、
少しでも前進したら、期待して先を急いでしまう、ということもあるでしょう。

そうならないために必要なことは、まず、
干渉(指示をしたり心理的援助をしたり、ということです)する
前の状態をよく知り、いつまでも覚えていることです。

そして、その干渉する前の状態と今を比べることが、
いつまでも褒め言葉を掛けられるコツなのです。



【ここからは解説になります】
あなたは、見守りつつ援助する対象に、10の要求があるとします。
10の事まで出来るようになって欲しい、と願っています。
現在の状態が1だとします。
援助・干渉を続けることにより、1が2になり、2が3になって前進していても、
多くの人は、10と比べ、10を求め続けています。

最初の1の状態を忘れてしまっている、または認めていないのです。
そうすると、褒めるどころか、至らないところにばかり目が行きます。
褒めるところなんて、見つかりません。
焦りばかりが募ります。
そして、イヤになります。

という、負の連鎖を避けるためには、
全然出来なかった時のことをよく知って、忘れないことが大事なのです。

1が2になったら、スゴイことです。
2が5になっても、スゴイことです。
6できていたことが、3になってしまっても、
(ある時点で後退してしまうことは、よくあることです)
1の時のことを忘れなければ、スタートまでは戻っていないことが分かりますから、
やはり前進していることに気付くことができます。

10を目指しつつ、1と比べてどうか、を意識することが、大切なのです。

これは、自分と違う誰か、つまり他人に対してのことばかりではなく、
自分自身にも使うことができるコツですし、
自分自身に対しても、要求してしまいがちなことでもあります。


この方法の良いところは、
根拠があるところです。
闇雲に根拠なく褒めていると、自信がない人からは、不信感を買いますが、
「いつと比べて」ということが明確であれば、説得力があるのです。


褒められる方にもコツがあるのですが、
それはまたいつか。

posted by おユキさん at 19:25| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

♪おーがたばすーにのってますー♪

♪おーがたばすーにのってますー♪

わが子が保育園に通っていたころ、ハンドルを操る仕草をしながら
歌っていた、うたです。

当時、息子が歌うのは何度も聞いたのですが、
ついぞその歌の正体を知ることはできずにン十年が経ってしまいました。

ということは、息子が歌う、手遊びを交えたほとんどの歌は、正体を知っていたのです。
正体というとちょっと違うようにも思うのですが、
子どもの、音程や歌詞がアヤシイ歌でも、全体像がなんとなくわかる、というようなことです。

♪ぱんぱんぱんぱん あんぱんまん♪とか、
アンパンマンの歌ということはわかるじゃないですか。
ドキンちゃんやカレーパンマンも出てきますし。

それで。
♪おーがたばすーにのってますー♪は、「バスごっこ」という歌だったことを、
最近になって知りました。

当時は、ピンとくるもの(元歌やモデル)がなくて、
もしや勝手に作った歌なのでは?などと思っていたのです。

ただ、楽しそうに歌っていたので、見ていて実に微笑ましかったのは確かです。

歌詞を調べてみると、ああ、なるほど、ここでアヤシくなっていたのだな、
という箇所や、息子のリズム感や音程は、外れていなかったこともわかりました。

先に述べましたように、
この謎、ン十年も抱えていたことになります。
(調べなかっただけですが。)

でも、こうしてン十年も経って、また当時の可愛かった息子の様子を、
新しい発見とともに、思い出すことができました。

記憶とか、思い出とかいうもの、
なんとお得なのだろう?と、改めて思いました。
頭の中で、♪おーがたばすーに・・・♪と歌っていた息子を再生しながら、
いつまでも ニヤニヤしてしまいます。



なんだか、頭の中がお花畑な感じに思われるかもしれませんが、
それなりに大変な時期ではありました。
けれど、私にとって、
私自身の大変さと、息子の可愛さとは、あまり関係のないことなのです。


posted by おユキさん at 21:39| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

花より団子


ご存知、お伊勢さん名物「赤福」です。

赤福二個入り.JPG


息子が、友人と伊勢神宮に行って来たというのです。
それで、そのお土産に、二個入りの赤福を買ってきてくれました。
アップの写真だと大きく見えますが、名刺入れより一回り大きいくらいです。

こんなコンパクトなものも、あるんですねぇ。
私は、甘いものがあまりたくさん食べられないので、
一番小さなものを選んでくれたのだと思います。

赤福.JPG


昔、戴いた時には、甘さ控えめと思ったのですが、かなり甘いと感じました。
昨今は、甘さも塩気も控えめなものばかりなので、甘く感じたのかもしれません。

伊勢うどんもたいそう美味しかったとのこと、太くてお餅のような伊勢うどんも、
食べたかったなぁ。

食べ物ばかりでなく、伊勢神宮の雰囲気も、建物にも、大感激して帰ってきました。
息子が、です。

いつか、連れて行って貰わねば、です。


posted by おユキさん at 17:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 心理カウンセリング